ふぅ、の日記

愚か者。がんばらない。

朝の5時に脚が攣り、目が覚める

 

f:id:fof-i:20220823205330j:image

 

 

涼しくなったら毎週どこかへ電車に乗って出かけよう、と風呂に入りながら思った。

 

何かしら、どこかしら行ったことない、見たことない、感じたことないものを経験、体験してみたいと思った。

 

そしたら何かしら自分の中の小さな本当に小さな、些細な、微塵な、隅っこにある考え方がミリ単位、マイクロ単位で変わるんじゃないかと思った。

 

やっぱり家の中にいるとWi-Fiを使えてしまうので、いくらでもスマホを見てしまうという状況に陥ってしまう。

やっぱりスマホの使用に関して考えるにあたってインターネットの通信制限は必要なのではと思い始めるくらいだ。

次に一人暮らしをするときには固定回線は引かないようにしようかな。

 

 

明日は派遣の日雇いの仕事。昨日とは違う現場に行く。初めての現場だ。なんとかなる。そう言い聞かせる。怠いけど家にいるよりはましだ。

 

 

朝の5時に脚が攣った。右脚のふくらはぎが攣った。激痛だ。声が出ないくらいに痛かった。

痛みに襲われている間はなぜか太腿をさすっていた。

太腿をさすってもふくらはぎは相変わらず私に激痛を食らわしてくる。

 

痛い、イタイ、いたい、いタい、イタい、あ~っ、ひ~っ、

 

声には出ないが頭の中で3文字の単語を連発していた。