ふぅ、の日記

愚か者。がんばらない。

大人になって、やっと気がつく

 

小学生の頃の朝、「読書時間」みたいなのが

あった。

とんでもなく嫌いな時間だった。

つまらなかった。

本なんて読みたくなかった。

 

中学校の時も「読書時間」があった気がする。

その時も本は好きにはなれなかった。

 

高校生の頃も本は読まない生活を過ごした。

 

小学生から高校生まで読んでいたとしたら

漫画くらいだった。

 

 

そんで、大学生になってやっと本を

読み始めた。

というか受験勉強の過程で本を読む癖がついたみたい。

 

大学生になってから読んだ本は所謂

学術系というか、自己啓発だの、科学に関する本とかだった。

俺はバカだから、それらの本を読んでいるだけで自分も頭が良くなるんじゃないか、賢くなれるんじゃないかって思っていた。

 

ぼちぼち本を読むようになっていたが

小説だけは読んでいなかった、1冊も。

 

それまでの人生経験から、小説は

難しい、長い文章だし、一気に読めないから

途中で内容を忘れそう、と思っていた。

 

小説アレルギーだ。

 

でも、ちょっと前に本を借りてみた。

 

なんで読んでみようと思ったのか、忘れたけど、大学の図書館のサイトから本を予約してみた。

 

まぁ、借りるのはタダだからとでも

思ってたはず。

 

そんで、読んで面白さがわかった。

良かった。

 

また趣味が増えた。

というか、学術系、知識系の本よりも

 

読んでいて楽しい。

 

ちょっと嬉しい。

 

小説なら図書館で借りれるし、

そんなにお金のかかる娯楽ではない。

 

これから沢山読んでいけそう。

 

時間潰しにはなる。

 

そんなこんなで、大人になってようやく

小説の楽しさ、面白さに気がつけた。

良かった。