ふぅ、の日記

愚か者。がんばらない。

喜び

 

「その君の笑顔は 誰かの悲しみで生まれ 絶望で花開くと」

とある歌の歌詞。

この言葉は結構大事だと思う。

 

誰かが幸せを感じていたら、その幸せは誰かの不幸によって生まれたもの。

 

誰かが人生最高に幸せの瞬間を迎えていたら、

それは誰かの人生最悪の瞬間によって生まれたもの。

 

誰かが生きてて最高と思った時に、

誰かが死にたいと思ってる。

 

プラスとマイナスの感情のどちらが多く

世の中にいるんだろう。

 

悲しいことの方が多いのかな、それとも

喜びの方が多いのか。

 

喜びの方を多く見せて、悲しみを隠しているのか。

 

わからないし、知らないほうがいいのかな。