ふぅ、の日記

愚か者。がんばらない。

楽しめない性格

 

眠れない。やっぱり眠れない。どうなることやら。

 

ここ数年というかもっと前からの自分を振り返る。全部は振り返られないけど。

 

とりあえず、最近は色々と楽しめなくなった。心の底から面白いとか、楽しいとか思えるものが減った気がする。特に人が絡むと余計に楽しめなくなる。人と関係を築くことが下手になった。会話するのも下手になった。会話の話題が分からない。見つからない。何を話せばいいのか分からない。黙っていた方が楽と思うようになった。これは実は中学生の頃からかな、いや小学生の頃からかもしれない。でも昔の方がまだ喋ることに抵抗は無かった。今は重症。会話するのがしんどい。だるい。めんどくさい。なるべく独りでいたい。そう考えるようになった。それが基本になった。自分の中の普通。友人やら親友やらはいない、そもそも人間関係を上手く続けられない。どっかで疎遠になる。合わなくなる。でも合わないなら仕方ないと思ってる。合わないものは合わない。考え方、価値観、欲しいもの、嫌なもの、なりたいもの、好きなこと、気の持ち方、色々なことがあって、その中の1個や2個が合う人と出会って嬉しくなるけどそれ以外の9個や10個が合わなかったら辛い。そんで合わないかなってなる。会わなくなる。それでいいやと思ってる。大学生活では友達という友達を作れなかった、というか作ろうと思わなかった。人が怖かった。だから作らなかった。それでも意外と大学生活は乗り越えられる。友達がいたら勉強の相談やらバイトの相談やら休日に遊んだり、空き時間に話したり、昼ごはんを一緒に食べたりできたかもしれない。けど、それらを全部捨てた。しなかった。楽しめないから。そういう性格だと思ってる。